直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画にキリスト

漫画もよく読む。今日ふと気がついたのだが、最近読んでる漫画にキリストがでてくる。

スティールボールラン:アメリカ大陸の各地に分散しているキリストの遺骸を集めて大いなる力を得ようとする人達の物語で、一部でも遺骸に関係すると、スタンド能力が備わるというおはなし。ジョジョの奇妙な冒険の続きというか、別の世界のジョジョの物語。

聖おにいさん:キリストとブッダが現代の地上世界のアパートでふたりぐらしするギャグ漫画。しかし、歴史や宗教をひととおりかじってないと理解できないことがおおい。

ラキア:異端宗教の話のようだが、かつて、キリストがゴルゴダの丘に向かう途中に出会った靴屋が出てきた。

ビリーバット:浦沢直樹の最新連載。太平洋戦争直後の米国と日本が舞台にはなっているが、戦国時代や月やキリストの時代に飛んだりして、これから話がどう進むのか皆目見当がつかない。ここでは、キリストがユダに裏切りを予言し、認める場面がでてくる。

偶然かもしれないが、それほど種類を読まない僕が最近購読している漫画が4つもキリストを登場させているのはどういうことか。ま、たんなる偶然と考えておこう。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。