直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

太極拳の大会を見た

たまたまNHK-BSにチャンネルを変えたら、武術太極拳の大会をやっていた。長拳、南拳、そして太極拳。中国の公園では朝早くから太極拳をやってる人が多いことは聞いていて、中高年の健康体操のようなものとしか考えてなかったので、この武術太極拳という競技に正直驚いた。長拳、南拳はいわゆる中国拳法そのもの、ジャッキーチェンに楽しませてもらった猿拳や酔拳に近い動きだった。太極拳はゆっくりとした動きと速い動きが組み合わさった実に美しい演武だった。本当に美しい動きで、優勝した男女それぞれ、見惚れた。優雅な流れるようで高貴な上体の動きとそれを支えて柔らかく移動する下半身。バランス。涼しい表情。こんな動きができたら羨ましい。機会があればやってみたいと思った。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。