直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

グランプリファイナル フリー

まずは村上佳菜子さんの3位入賞を祝いたい。フリーの演技はひとつのジャンプのミスがあり、これが成功していれば優勝だったろう。こういう「たられば」は他の人にも当てはまるわけであまり意味は無いが、優勝したシズニーさんがほぼノーミスだったにも拘わらず僅差だっただけに可能性はあったと言えるでしょう。安藤さんはフリーではトップだったので、SPで点数が低かったのが悔やまれる。
ま、でもグランプリファイナルはひとつのお祭りみたいなものと考えることもできるし、全日本、世界選手権に的を絞ってもらえばいいでしょう。

織田君については、嫌な予感があたってしまいました。乗り越えてほしかったフリーでの大事な4回転は、残念ながら失敗。SPではあんなに見事に決めていたのにどうしてでしょう?そして、いつもながらPチャンの得点の高さ。スケーティングの美味さ、スピンのうまさは誰も越えられないのだろうか。小塚君がパーフェクトなら勝てたのだろうか。高橋君と小塚君は、やっぱり事前練習での激突事故が響いていたと考えるのが妥当でしょうか。高橋君は明らかに調子が悪かった。激突されて痛みがあったのではないか。鞭打ち気味とも聞く。小塚君はそれを心配して気に病んでいたに違いない。集中できなかったのではないか。だから今回の結果はすっぱり忘れて次の試合に集中して万全の状態で臨んでほしい。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。