直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

フィギュアスケート全日本選手権 男子ショート

あああ、高橋君が調子を落としている。
今朝の新聞に書いてあったが、長光コーチがとうとう吐露してしまった。
「一つだけ願いがかなうなら、GPファイナルの公式練習の前に戻してほしい」

やはり、小塚君に激突された後遺症があるのか。
高橋君は本当に気を遣って、小塚君が気にしないように、大丈夫、大丈夫と言っていた。
今でも、本人は事故のせいにする発言をしていないみたいだ。

済んでしまったことは仕方が無い。
高橋君はすでに昨年度世界選手権チャンピョンになっている。まだまだ自分として納得のできる極みに達していないだろうこともわかるが、ここは、少し休んでもいいのではないか。今は無理しなくてもいいのではないか。ここで休むと小塚君が大きく動揺するかもしれない。しかし、それは仕方が無いことだ。
仲間で友達であったとしても、大事なのは自分だ。小塚君は動揺してもなおそれに打ち勝つ力を持たなければならない。
もしかすると、高橋君は別のことを考えているのかもしれない。どんなにけがをしていても体調が悪くても、常に一所懸命やるべきことをやる、という考えなのかもしれない。マイナスな状況でも如何に力を出し切るかの鍛錬と思っているのかもしれない。ならばやればよい。

小塚君は、高橋君の不調が自分との激突のせいだと思っているに違いない。ならば、その事実に臆することなく、高橋君の分まで自分が最高の演技をしなきゃいけない、そう考えて試合に臨んでいるように見える。だから、今日のフリーでもおそらくトップレベルの演技をしてくるだろう。そして、世界選手権の切符を手にし、世界王者に挑むだろう。彼は今年に賭けなければならない運命にある。今の採点方式でも高得点が取れるのは、Pチャンと小塚君しかいないだろう。(織田君もフリーでのびのびできるようになれば別だが)。今年頑張らないと、羽生君、ハビエル君、レイノルズ君が一皮むけてきたら危ないですぞ!

インターネット上にはフィギュアファンのブログやサイトがたくさんあるらしいし、いろんな情報が飛び交っているだろう。自分はあまりそうしたものを見ないので、見当違いのことを書いているかもしれない。わずかな情報と、TVで観た自分の感じ方だけを頼りに想像で意見を述べているにすぎないことをここに付記しておく。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。