直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

観音楽

ヨガのレッスン中にかかっていた「ゆる~い」曲が気になったので先生に誰の曲か聴いてみた
前にもどこかで聞いた気がするというと、前にも時々レッスン中にかけたことがあるとのこと
そうなのかと思って、まあいいけれど
小嶋さちほさんの「観音楽」というCDを紹介された
気になっていた曲はその中の「波」という曲だった

このCDには5つの曲が収められており、どれも、ゆったりした「ゆる~い」曲で
「波」以外は小嶋さんの曲 (波は亡くなった小嶋さんの夫が書いた曲)
曲というよりオトタマ、コトタマ あるいは 祝詞
楽器もライア、磐笛、さんご笛、サーランギー、スワラマンダルなど聞いたことのないものばかり

観音様が紫雲に乗ってやってくるときのBGMというイメージである
これらの曲が単に「ゆる~い」ヒーリングミュージックというだけでなく、神がかった精神作用があるように思われる。それは、小嶋さちほさんその人が深い精神体験をされている故であろう。

娘に聴かせてわかったことだが、ヨガのレッスンに行ってない娘が「波」を聴いたことがあるという
8月の宮古島旅行だ
宮古島工芸体験村の貝細工の店で体験中に聴いていた気がするという(このお店の女性店主の趣味の良さなのだろうが、販売しているアクセサリーなどのセンスはとてもよいとカミさんや娘に気に入られた。体験だけでなくショッピングでも楽しい。)

また、このCDのジャケットには何故か見おぼえがある気がしていたのだが、
貝細工の店のレジの近くに置いてあったような気がするのだ(今から思えば)
128sachiho-cd1.jpg


このCDが沖縄をゆかりとして作られていて、スタジオも沖縄にあるということだから
宮古島で聞いていても不思議ではない

ひょんなことからこの「観音楽」に縁があったのだ

何かことさらどうしても落着きたいと思った時に聞いてみたい音楽の一品である
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。