直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

フィギュアスケート2009グランプリファイナル日本人優勝!

フィギュアスケート2009グランプリファイナルで日本人がダブル優勝した。シニアではなく、ジュニアのことである。ジュニア女子のホープ、大須VS世界の期待の星、村上佳奈子さんが、ジュニア女子シングルで優勝した。これで、今シーズンのすべての大会で優勝という快挙である。素晴らしい。夏にモリコロパークのアリーナで見て感動して以来、注目していたが、本当によく頑張った。敬服する。昨日のショートプログラムでは、3回転-3回転のコンビネーションにチャレンジして成功した。シニアの安藤さんや鈴木さんですら挑戦しなかった3-3をジュニアの村上さんがトライしたことだけでも評価できる。2位のロシアのポリーナも3-3を成功させたと聞く。若い人たちの将来が楽しみだ。今日のフリープログラムは、お互いミスはあったものの、良い面(演技力、技のつなぎなど)が出て感動的な滑りだったらしい。ああ、普通のテレビ番組では見れず、有料のテレ朝チャンネルを契約してないのが悔やまれる。
また、ジュニア男子は昨日、羽生君が優勝した。仙台の子なので、愛知県民の私としては今一つ親近感が無いが、映像で見る限り、しゅっとしていていい男で、体型もすらっとしていて、滑りる姿勢が良い。高橋君の次を担う若手だと思った。
ジュニアといえど世界一になったのだから、テレビ朝日系列のグランプリファイナルの放送(今日、もうすぐエキシビジョンの放送が始まる)で一般の人にも是非紹介してほしいものだ。いや、世界一になったことを紹介してもらいたいというよりも、彼、彼女の滑りの素晴らしさを、その感動を世の多くの人に伝えてほしいと思う。フィギュアオタクに片足つっこんだ中年オヤジの切なる願いである。
以上
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。