直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

フィギュアスケート世界選手権が終った

フィギュアスケートの世界選手権が終りました。ここに書くのはTVや新聞やカミさんの受け売りが多いですが、印象に残っていることを書きます。

まずは、高橋大輔君
この前、神戸でチャリティー演技会を見た時のSPの演技はすごかったのですが、今回のSPも素人目にはのりのりで良かったと思いました。残念なのは、エッヂのビスが抜けて中断したことです。彼はもし今回優勝したら現役引退していたかもしれなかったそうです。しかし今回のトラブルと満足できなかった演技のお蔭で、現役を続け、ソチ五輪も目指す気になったと語っていて、これはまさに神様が彼に「まだやめてはいけない」というメッセージとしてトラブルを導いたという考え方もできます。
ファンのみなさんの中には、ロシアの陰謀だとかカナダの陰謀だとか憶測を流している人もいますし、自分も冗談交じりに同じようなことをTVの前で口にしていました。しかし、それが本当だったとしても陰謀工作をした側はソチ五輪で強力なライバルを一人増やしてしまったことを後で後悔することになるのだ、えっへん、ということです(とカミさんが感想を述べていました)。

浅田真央さん
とにかくやせ過ぎです。好きな焼き肉沢山食べて筋肉をつけてください。力強いスケートを取戻してほしいです。他の選手の演技との大きな違いは、顔の表情でした。リンクに降りた後はどの選手も自信たっぷりの表情をしていました。緊張はあっても、顔でアピールしていました。これは日本人には不得意なことなのかもしれませんが(安藤さんの落着き払った慈愛の表情はまだ別の意味ですごい。個を越えた境地だったのだろう。)、それにしても浅田さんは点を下げて呉れというオーラでした。
でも、これは皆が言うとおり、大改造途中の経過に過ぎないはずです。試合にでるのは選手のキャリアとしていたしかたないので、今回の結果になっただけです。解説者の誰かが行ってましたが(田村さんか佐野さんか)、プログラムはすでにソチを視野に入れたものだから心配ないと。苦手なジャンプも入れてバランス良く組んでいて、今後どうルールが変わっても対応できるように考えてあるのだそうです。それで今から3年がかりで仕上げて行くのだと。中日新聞のスポーツ欄に、小塚嗣彦の目 というコラムがあって(小塚君のお父さん)、すごく冷静でかつ、独自の説得力のある観点でコメントしていますが、浅田さんのことも佐藤コーチに代って時間もなく、言われれば器用にできてしまうので却って短時間では本当の意味で身に着いていない(ちょっとしたことで前の飛び方がでてしまう)という趣旨のことを書いていました。そして、これからの1年が佐藤コーチの腕の見せ所だと。今迄はコーチも遠慮していたのではないかと。そして、うまく改造できれば、オリンピックの時よりも上のレベルに行けるはずとも書いています。楽しみではないですか。
応援していきましょう。

それにしても、エキシビにでてきた世界ジュニア1,2位のロシアの女子の二人は脅威です。2位のトゥクタミシェワは14歳で小さいけれども手足が長く(顔は岩下志麻系と思っているのは僕だけか)、色気と表現力とジャンプの巧さは、いったいどうなってるんだといいたくなります。1位のソトニコワも同じく14歳で凄い演技をします。佳菜子君は、表現力何とかしないとロシア勢には勝てませんよ。

最後に優勝した安藤さんは、この1年本当に安定して強かったです。前は言動含めて好きではありませんでしたが、最近の安藤さんには好感が持てます。大人になった、しっかりしてきたという抽象的な表現ではありますが、感じさせるオーラが変ったのは事実だと思います。ただ、小塚嗣彦さんだけは違った意見です。安定というのを手放しで喜んでいません。本来はもっとレベルの高い演技の出来る人だと書いています。確かにここで安住していてはいづれ追い抜かれるでしょう。まだこれから続けるのなら、勝つべきですし、無欲で望んで勝てたのは今回だけかもしれないわけで、アスリートである以上、個としての頂点を極めるために、ハイレベルな技に挑戦してほしいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。