直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

ひとりの日曜日

3連休の中日の今日は家族それぞれの用事があって久しぶりにひとりの休日だ。
娘は午後から合唱部の練習と買い物。カミさんは午後から大阪でピアノコンクールに挑戦。
僕は午前中はYOGAに行き午後には帰って来たが、入れ替わりというわけだ。

YOGAに行く途中の名古屋の街の中で黄花コスモスを見かけた。一匹のクマバチが花の蜜を吸っていたので、写真をとった。鮮やかな山吹色の花と黒に黄色の産毛をまとったクマバチの両方が夏の強い日射しの下で輝いている。
DSC00710_convert_20110717161135.jpg


YOGAで適度に汗をかき、筋肉を伸ばし、ほぐし、休めて呼吸を入れる。週にもう一日やることができたら、たぶん身体そのものが変わって来ると思う。筋トレに近い動きもあるが、週一回では目立った効果はでてこない。
昼ごはんは、高岳から千種に歩く途中の適当な場所で済ませようと思って歩いたが何となく店に入る気にならず、千種駅まできてしまった。仕方が無いので駅前の定食屋、まさに「千種駅前食堂」というお店に入った。好きなオカズの皿をとり、ごはんとみそ汁をもらう。会社の食堂のイメージで適当にとったら、850円と意外に高かった。茄子の煮びたしとサバの塩焼きとマカロニサラダ。美味しかったが、丼ものにしておけば500円でお釣りがくることがあとでわかった。
暑い日差しの夏は帽子が必需品である。長年、帽子は似合わないと思いこみ、仕方なくキャップをかぶっていた時期が続いていたが、一昨年からいろいろと挑戦し始めた。今夏はストローハットを買ってみた。栄のラシックの帽子店はいつもいいものを置いてて少々値が張るが、気にいるものが必ず見つかるので、今度も行ってみた。期待通り、こげ茶のストローハットが気にいったので買う事にした。他の帽子よりもかなり安値で、この店にしては珍しかった。これが先週の水曜日。今日は、濃い茶色の沖縄柄のTシャツに明るい茶色の綿パンを合わせ、買いたてのストローハットを被った。YOGA教室には若い生徒が多いので、あまりチンケな格好では行かれない。こういうことも手伝って、考えて見るとYOGAに行き出してから洒落っ気がでてきたようだ。

で、夕食用の食材を少し買って帰宅した。
洗濯をして、茶渋のついたコップをキッチンハイターを薄めた水に漬けこみ、夕食の準備にとりかかった。
たいした料理じゃない。カレーを作る。今日は、水の代りにイタリアントマトを四個入れてみる。とろとろに溶ける迄煮込んでからルーを入れる。豚肉の残りがあるので、薄く切ってフライパンで焼いておく。残りの油で茄子を焼く。茄子には最後に醤油を少し垂らして味をつけておく。カレーのスープができてから、豚肉と茄子を放り込んでしばらく漬けこんでおく。
たまには時間をゆっくりかけてカレーを作るのもいい。
あとは、帰って来た娘が美味しく食べてくれればいいのだけれど。

そうそう。鍋帽子というものがある。鍋の帽子だ。暖かい鍋をすっぽりと包みこむ綿入りの帽子で、こうしておくと、長時間熱が逃げず、弱火で煮込むのと同じ効果が出る。省エネだ。カレーも適当に火をとめたら、あとは食べる迄の数時間、鍋帽子をかぶせておけばきっと味が熟していくに違いない。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。