直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、今日、そして明日 休日前半の記録

27日(金)は午後からそわそわしていた。仕事はいくらでもやることはある。けれどもとりあえず翌日からは連休だというので久しぶりに予定外に呑みに行ってもよいと考えていた。
しからば、同期で最近同じフロアに移ってきたT部長が、やはり5時近くにふらふらとやってきて同じ心持ちのご様子だったので、もうひとり今月定年を迎えたO先輩と一緒に飲みに行くことにした。
2次会には途中から加わった別の同期のO君と一杯飲んだ。
これらは久々に楽しい飲み会だった。

28日(土)明け方に目が覚めて水を飲んだ。酔いが少し残っていたがたいしたことはなかった。さて連休の開始だ。
午前中は図書館に本を返しに行った。経済成長神話の終わり 減成長と日本の希望 (講談社現代新書) アンドリュー.J・サター を読んでいたのだが、途中までしか読めずに返した。次の予約が入っていたので続けて借りることはできなかった。サター氏は日本人の奥さんを持ち、法政大学の教授だというので、彼が日本語で書いたとすると、普通の日本人以上に日本語が達者である。読みやすさはさておき、内容はなかなか面白いものがあり、読めなかった終盤の大事な部分をどうしてもゆっくりと読んでみたいので、しばらくしてからもう一度借りるか、あるいは買ってしまおうかと考えている。
図書館に行ったついでに書店でマンガを2冊(ジョジョリオン2巻、星を継ぐ者3巻)購入した。星を継ぐ者は、SF作家J.P.ホーガンの同名の小説をもとに書かれたマンガである。僕が大学時代に読んでいたく感銘した「創世記機械」の作者のデビュー小説と知って、そのマンガ化されたこの作品のコミック本を読んでみることにしたのだがストーリー展開が面白いので継続して購入している。ジョジョリオンは、少年ジャンプでコアなファンから支持されたジョジョの奇妙な冒険のシリーズの最新作コミックである。わかる人にはわかるが、わからない人にはわからないのがジョジョの世界である。
さて、午後はこれらを少し読んだところで、娘の通う塾の保護者会に出かけた。大学受験の説明会である。塾の先生らも大変だが、娘ら受験生も本当に大変だ、と思いを新たにした。
夜は早めに寝床に入り、読みかけの「指輪物語7」を読んだ。ここまで読めば、映画「ロードオブザリング」の2作目の範囲が終わる。この連休中に観ることにしよう。そして、のこりの第3部、8巻から先を読めば大団円である。楽しみだ。

29日(日)休日はいつも早く目覚める。仕事のある日よりも早いのは何故だろう。目覚めても眠り足りない感じはあるのだが、それ以上は深く眠ることができない。結局、そこそこ早い時間に起きてしまう。午前中はヨガのレッスンである。初夏の陽気で暑く半袖で出かけた。千種駅から高岳まで歩く途中に結婚式場が4つほどあるが、どこも今日は挙式があるようだ。今日のような気持ちのいい日に結婚できた皆さんは本当におめでとうさんといいたい。街路樹のいくつかはハナミズキで、ちょうど満開だった。白とピンクが交互に咲き行く光景は、紅白のめでたい雰囲気を添えていて、関係のない自分も何かちょっと幸せになったような気分を味わった。
午後は近くのイオンに家族で買い物に出かけた。といっても運転手と荷物持ちだったが、最近改装して店舗の様子が変わっていて面白かった。時間とお金がふんだんにあればいくらでも買い求めたい雑貨や小物がたくさんあった。しばらく洗ってなかったスニーカーを洗濯機で洗い、夕方、車にガソリンを入れ洗車した。とにかくやってしまいたいことをやり終えて、ほっと一息である。NHKの大河ドラマ「平清盛」を見て吉松隆の音楽に魅せられ、「なんでこれが視聴率低いのだろう」とカミさんと話し合い、今に至る。
「平清盛」の視聴率が低いのは、今まで大河ドラマを見ていた人がこの芸術性や文化についていけなくなっただけのこと。これらの価値がわかる人はもともと大河ドラマを見ていない人が多いのだから仕方がない。視聴率は、その作品の価値を反映する指標ではないのだ。だから、このまま作品を作り続ければよい。NHKで良かったと思うのは、視聴率が低いからと言って年末を待たずに打ち切りになることはおそらくないだろうから。

30日(月) 明日であるが、父母の金婚式の御祝で実家の豊田市内の和食レストランでお食事会であるが。ちょっと張り込んで京料理を食べる。楽しみである。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。