直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンスアイスワールド横浜公演

昨日は日帰りで横浜に行ってフィギュアスケートのショー「プリンスアイスワールド2012」を観てきました。
八木沼純子さんをチームリーダーとするプロスケーターを中心としたショーです。

ゲストには現役の有名選手や過去のメダリストを呼んでいます。目玉は高橋大輔君です。彼が出演するから観に行ったようなものです。ほかには、荒川静香さん、本田武史君、村上佳菜子といった面々。
公演は午前と午後の2回あり、高橋君ほかゲストの演技は(全員ではないけれど)1回目と2回目が別のプログラムだったので楽しめました。

そもそもプロスケーターを中心としたアイスショーを観たのは初めてです。これまで有料で観たのは浅田姉妹を中心にしたThe ICEや名古屋フィギュアスケートフェスティバルで、現役選手がメインでした。無料のものは、名古屋や愛知や中部の種々の選手権の地方予選で、まさに競技会そのものです。ですから、プロのショーがどんなものかよく知らないまま観に行ったわけです。

プロのショーなのでエンターテインメントです。音楽に合わせて踊ったり演技をしたりするわけですが、バレエの踊りや社交ダンス、ブレイクダンス、ミュージカル、サーカス、マスゲームといった芸術、芸能の要素を取り入れ、さらにフィギュアならではのジャンプ、スピン、スパイラル、ステップ、ペアのリフトを組み合わせているので、スピード感と躍動感を味わえます。

フィギュアスケートの競技には、このようなエンターテインメント性を切り離せない面があるため、採点がややこしいのだと思います。芸術点に公正な採点なんかありえないと思う反面、見ている僕たちは競技としての演技に芸術性を求めてしまい、誰の演技に「感動」したかも順位を決める要素にしたがるのです。

ま、それはさておいてアイスショーの終わりには、出演者に花束を渡したり、写真を撮らせてもらったりというファンには嬉しいサービスがあります。ファンがリンクサイドに殺到してすごかったので、少し後ろから望遠で写真を撮りました。会場がそれほど大きくないため、花束を渡したいすべてのファンひとりひとりと触れ合うことができる、ちょうどよいぎりぎりの規模なので可能だったのでしょう。

高橋君
DSC01525_convert_20120505141211.jpg DSC01579_convert_20120505141337.jpg


八木沼さん
DSC01476_convert_20120505141002.jpg

本田君
DSC01544_convert_20120505141241.jpg

村上佳菜子
DSC01496_convert_20120505141116.jpg

鈴木明子さん
DSC01555_convert_20120505141309.jpg
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。