直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペーパークラフト 製作記録その4

上半身を製作。できるだけ滑らかな曲面に仕上げようと努力はしたものの、折り線を入れざるを得ない部分もあった。一か所どうしてものりしろが1mmくらいずれてしまったところがあった。悔しいがどうにも修正できなかった。
しかし、2週間かけてなんとか上腕をつけるところまで完了した。

上半身は半裸で、衣を肩にかけている。この衣のひだを作るところが結構難しかった。首飾りや腕飾りは地味ではあるけれど、裸身につけているのはなかなか色っぽいと思う。

さて、次は腕を手首まで作り、そのあとは頭部にうつる。もっとも精神を集中すべき段階だ。今から楽しみである。


・まずは首と胸から

DSC01673_convert_20120610205817.jpg

・一応、胴体までできたところ

DSC01675_convert_20120610205939.jpg

・臍の下まで、それに衣も完成

DSC01682_convert_20120610210047.jpg

・腕が6本ついた

DSC01688_convert_20120610210201.jpg

・ひとつの肩から腕が3本出てるが、肩を異様に太く出っ張ることなく、均整のとれた付き方だと思う。
 腕の付け根は結構大変だった。そして、円柱状につくった腕を多角形の付け根に取り付けるのも一苦労したけれども、何とかのりしろがはみ出ずにできた。

DSC01687_convert_20120610210303.jpg
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。