直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペーパークラフト 製作記録その7

DSC01722_convert_20120624174459.jpg

この2つの目を作るのに3時間を費やした。
片目でたった3つのピースを切って組み立てるだけなのに。
途中からは指先だけではのりしろをつかむことさえできなくなり、やむを得ずピンセットを使うことにした。
できるだけ道具は使いたくなかったのだが致し方ない。

それにしても、本物の像の目はこんなに引っ込んでいたんだっけ?
なんか印象が違うと思って、本物の写真をチェックしてみた。
asura.jpg

違う・・・

特に下まぶたの少し盛り上がった―なんと呼べばいいんだろう―特徴的な表情がよいのだが、
これを紙で再現することは難しいのだろう。設計には採用できなかったわけだ。
しかし、ここのところが、今は亡き女優「夏目雅子」に似ていると言われた所以である。
できれば再現したかった。残念。


そして、両目を顔に組み付けた。

DSC01724_convert_20120624174626.jpg

まだ頬も口もないので、なにやらおかしな顔のようだが、これから少しずつ作り上げていく。

さて、続きはまた来週。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。