直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

グーグルマップのWebカメラで実家を見た

テレビのクイズ番組でこんなのがあった。

グーグルの地図に「Webカメラ」なるものによる道路からみた実写画像情報提供サービスがあるのだが、人や自動車のナンバーなどプライバシーに関係する情報はぼかしを入れている。
ぼかしを入れているものとしてもうひとつあるが、いったい何でしょう?
日本に特有のもの(ヒント)

という問題だ。僕は、洗濯物かなあと思ったが、正解は、表札。
グーグルジャパンによれば、日本の家屋は塀が比較的低いので庭の中や洗濯物が映ってしまうので、カメラの位置を低くして全部撮り直したいと言っていた。
今までの画像は、自動車の屋根の上に支柱を立ててそのうえに全方向カメラを載せて撮っていたということだが、支柱の高さを今後は低くするとのことだった。
へえー、こんな車が全国の主要道路をくまなく走って写真を撮っていたのか、と感心した。

そこで、我が家(マンション)も映っているのだろうかと思って見てみると、結構鮮明に映っていた。
それでは、実家の一軒家はどうかと思って見てみた。主要道から少し入った狭い道なのでどうかと思ったが、しっかり映っていた。実家は道路に面して門があって、車が出入りできるようになっているので、玄関や庭が丸見えの家だ。
だから、Webカメラの画像は拡大していくと、相当なところまで見えてしまう。庭木や鉢植えの種類までわかってしまいそうだ。ちょっと見えすぎじゃないか、それに、門についている表札はぼかしが入って無いみたい。
うーん、こりゃちょっとやりすぎちゃうか、と思えてきた。

こういうシステムというかサービスは特定に人には便利なのかもしれないが、とりたてて有名な観光地でもない、普通の居住域まで、どんな場所でも写真に撮って、いつでもどこでも見えるようにしてしまうことが本当に必要なのだろうか、と考えてしまう。機器やコンピュータの容量、インターネットの通信速度の目覚ましい発達によって、こんなことが可能になったのだろうが、可能になったからといって、わざわざ、このようなシステムを考え出す動機がわからない。いや、ネット関係の企業では、日夜、このような、誰も考えないようなことをあえて一所懸命考えて、一見不要なサービスを始めてしまうのだろう。そして、あるサービスが可能になると、そこでニーズを新たに思いつく人が五万といるのだろう。そうして、なんだかいろんなことがいろんな方向に展開していって、知らないところで知らないことが網の目のようにはびこり、気がつくと、知らない誰かにあることないこと調べられていたりするんじゃないか。

一方で、素晴らしきこの世界と思える事象や自然や思想や人々があり、一方でそうでない物事が蠢いている。
この世界、面白いと言えば面白い。余計なことは捨ておけ!
真善美に生きるのだ!
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。