直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

うさちゃん♡ マーラー8番 1秒もムダにしない生き方

DSC01791_convert_20120716195712.jpg

ずっと以前いつだったか忘れたのだが
うさちゃんのペーパークラフト原紙を印刷してそのままになっていた
このところ阿修羅像の製作に神経を注いでいたので
一時間一本勝負と
ふと作る気になってとりかかった
A4一枚だけなのでとたかをくくっていたが
こういう曲面を多角形で表現する作品は意外に接着の順序が大事で
そのことを侮ったものだから雑になってしまった
かわいいうさちゃんにしたかったんだけど
なんだか悲しげな表情に見える
ごめんね・・・

さて、今日は名古屋マーラー音楽祭の8番「千人の交響曲」を聴きに行った。
約半年前にチケットを購入して楽しみにしていたコンサートだ。
購入した当時は、夏の7月が明るい遠くに想像されていたのだが、このごろは梅雨も明けず湿気の多い毎日である。想像の中の7月は突き抜けるような青空に入道雲のイメージだった。
そんなイメージとは違うけれども今日の演奏は天に昇っていくような、音の地平線が音階とともにどこまでも遷移していく感覚だった。出だしの大合唱の圧倒に涙ぐみそうになり、フィナーレに近づくころにも涙が出そうになった。マーラーの交響曲を聴くときの気持ちの高揚は説明しようにも言葉にならない。アマチュアのオケ、合唱の皆さん、それなりに素晴らしかった、ご苦労様。音楽はちゃんとマーラーでしたよ。指揮の井上道義さん、千人の息をひとつにまとめてさすがだった。

手元に岩田健太郎著「1秒もムダに生きない」という本がある。この本には時間の上手な使い方が書かれている。今日のようにゆったりと芸術を楽しむ時間を持つことも推奨している。推奨というより、岩田さんのそういう価値観が書かれている。
大事なことをきちんと大事なことと認識して、そのために生きることを示している岩田さんは自分と同じ匂いがする。
岩田さんがこの本で言いたいことは「僕がいなくなって、一番悲しい人(家族)のために、貴重な時間をできるだけ費やしたい」の言葉に尽きているように思った。
同じ匂いがすると感じたのは、ミヒャエルエンデの「モモ」を引用していたからだ。時間泥棒に時間を奪われているとは知らず、心と一緒に時間を削って、時間銀行に預けているつもりになっている人達。時間の削り方の極意を教えながら、そういう人達のようにならないように、時間を慈しむことも説く。
物事の本質を見抜き、不要なものを削り取り、そのようにしてできた時間を再投資することに使わず、ゆったりと自分を楽しむことに使う。そのような生き方を示してくれる。朝、真実を伝えない新聞もテレビも見る必要はない、ただ、ゆっくりとパンとコーヒーを味わう。
食事を味わう、という最も身近なことを忘れていた自分に気づく。美味しいか不味いかではなく、その味をその味として感じることが人生なのだと思う。大げさに聞こえるかもしれないが、味わうもの、見るもの、触れるもの、それぞれに思いを致す生き方こそ人として生まれてきた意味なのではないか。そう思うのである。
浄土宗開祖の法然上人は御遺訓「一枚起請文」で、頭でわかったつもりになっている観念の念仏ではなく、ただ一心に念仏を唱えることが唯一大事なことと説いている。すべてを阿弥陀如来(神でもよい、創造主でもよい、大自然、宇宙でもよい。超越的なもの)に任せて自分の仕事を為すことだけを考えて生きる。バガバッドギーターでクリシュナ神が必死で戦士アルジュナに説いたことと結びつく。
今自分がなすべきことは、自分がわかっている。それは今自分が一番やりたいことである。一番やりたいことは、快楽や欲望に駆られることではない。あえて苦しみを伴う選択肢を取ることである。岩田さんの説明は目を開かせてくれる。これに付け加えるならば、自分にとって「善い」と思えることである。人は自分にとって善いと思えることしかしない、と亡くなった池田晶子さんは教えてくれた。悪いと思うことは人はしない。当たり前に聞こえるが、つきつめていくと人々のいろいろな行為の奥底にある本当の価値観が見えてくる。これは大事なことだ。
今自分がなすべきことを、結果を考えずに、結果を心配せずに無心で全力で行う。これだけである。
短い一生、死亡確率100%の人間の一生で、結果を恐れた結果不本意に為した行動が起こす余計な災難に振り回されることなく、それこそ1秒も無駄にせずなすべきことだけをしていきたい。

いろいろな本を読んで、断片的に心に残る言葉が自分の中でつながることがある。今、それが中途半端だが起きつつある。文章にすることで少しでも整理してみたいと思ってとりとめもなく書いた。
本を読みながらあちらこちらへ飛ぶ思考の断片を忘れてしまうのが惜しくて仕方がない。何とかつなぎとめたくてこうして文章にしてみる。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。