直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

空の青 海の青

DSC01793+-+コピー_convert_20120717222445

駅を出ると 夜7時を過ぎたというのに 空はまだ明るさを微かに残していた

歩き始めたら 歩みを止めることなどない

歩きながら 空の濃い青から薄い青へと変わる際に視野を集中すると

南の島のサンゴ礁の海の底の青を思い出した

僕の周りにまとわりつく透明な海の青から 僕を遠巻きにしてただそこにあって彼方まで満ちる濃い青へ

遠い青の国に惹きこまれそうで怖い その感覚が ほんの数秒蘇り 涙腺がゆるんだ

夕焼けの茜色をまったく排除した 真剣な青

この色は決して再現できないとわかってはいたが 立ち止まってシャッターを押した

記憶をいつでも呼びさますことができるように あえて記録を残すために
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。