直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

パソコンのメンテは大変

ここ3日ほどパソコンのメンテで随分と時間を使った。
動作というか反応が遅くなったので、原因を探りながら、いろいろと高速化法を試した。
例えば、
・ディスクデフラグ
  これはある程度効果があったようだ。
  分析したらファイルの断片化がかなり進んでアラートが出た。
・チェックディスク
  すごく時間がかかった。効果は疑問
・レジストリチェック
  専用フリーソフトで実施。不要なレジストリの削除
・テンポラリーファイルなどのクリーンアップ
・Cドライブに「検索を速くするため、このドライブにインデックスをつける」にチェックが入っていたので、これをはずした。外すのにすごい時間がかかった。終わったはずなのに、チェックが戻ってしまっていて、何回もトライ。タスクマネージャでプロセスを確認したら、まだ動いてたので、強制終了。再起動後、また動いたので結局、Process Explorerをインストールして、強制停止。
・ウィルスバスターのチューニング機能で最適化
・不要なプログラムのアンインストール
・ダウンロードフォルダにある不要なダウンロードファイルの削除
・システムが入っているCドライブのディスク空き容量が半分くらいだが、少しでも減らすためにDドライブに写真データなど大きめのファイルの一群を移動。

ここまでやってもまだ動作にストレスを感じる。
動画を見てもぶちぶち切れ切れ。
音楽もスムーズに聞けない。

ふと気が付いて、電源の管理の設定を見たら、省エネモードになっていた。
これかも! と思って、パフォーマンス優先に変えてみた。

これが3日目のこと。ようやくパフォーマンスが上がった。一番単純な設定が原因だった。
いろんな無駄なことに心を囚われて無為な時間を過ごしてしまった。
うまくいかないと睡眠時間を多少削っても、あれやこれやと手を打ちたがる。
あきらめられず次の日も次の日もしつこく調べる。
そういう自分の性格はわかっていたが、結果があっけないと何だかなあ~
という感じで、いまひとつなんだな。

でも、今はすごく動きにキレがあって気持ちがいい。はっきりと違いが出るのが心地よい。
せっかちで現実主義者なのかな、ぼくは、実は。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。