直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

ペーパークラフト 製作記録【Part2】 その2

一気に右足も作って腰から下が完成。

DSC01999_convert_20120923223501.jpg

DSC02000_convert_20120923223548.jpg

うーん、かっこいい。

印刷した紙がインクジェットマット紙なので、薄くて柔らかい。
こうして立体にして何とか形状を保っているが、結構ふにゃふにゃなので扱いにくい。
一方で糊が少し弱くても何とかなってしまう利点もある。

ここでは、完全接着の助っ人である木工ボンドは使わず、プリット糊とペーパー用のボンドの併用である。

遠くからの見た目が格好良ければいいので、細かい部分は今回あまり気にしていない。
のりしろ部分で白いスジが出てもご愛嬌ということで作っている。

ところでこのペーパークラフトは、専用のソフトで作られている。
設計、展開図のファイルも一緒に入手しているが、これは無料のビューアーソフトで見られる。
こんな具合だ。左の立体図はマウスで回転や拡大縮小してみられる。

viewer_convert_20120923224840.jpg


実は、各パーツののりしろには番号が書いてないので、切り離してしまうと、どの部分に貼ればよいのかわからなくなってしまう。この関係を知るには、展開図で接着面の関係を赤線のように図示させて調べ、すべて手で書き込むという面倒くささがある。

足のふくらはぎから生えているとげとげなんかは差し込み位置の指定がないので、だいたいの位置を設計図を頼りに勘で決める。おかげで左足の下から4番目のとげの位置はかなりバランスを欠いてしまった。

無料で入手できたのだから文句は言えない。

だが結構いいペースでできてくるのでこれからも楽しみだ。
関連記事
スポンサーサイト