直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

「夜と霧」を読んで

ヴィクトール・フランクル著「夜と霧」新版を読んだ。
以前に読んだ「人生の科学」の中で一節が紹介されていて、考え方を180度転換させられるその言葉に魅せられ、どのようにしてその考え方に至ったのかを知りたくて読んでみた。
著者は心理学者でユダヤ人であり、ナチスの強制収容所に収容され生き延びた体験を本書に著わした。解放後とはいえ、自らの体験をいかにも冷静に振り返り、まるではたから見ていたように表現されていて驚く。本書は新版である。とても思い出したくもない(と普通人には想像される)ような過酷な体験を、初版を書いて何年も過ぎてからもう一度書き直すという精神力にも恐れ入る。
収容所で生存権が全く保障されない過酷な条件の中で、いかに生き延びるかだけを考えて生きた。その状態がいつまで続くかわからないことの恐怖に耐えながら。被収容者たちは感情を消滅していく。精神が崩壊していく。監視兵に毎日意味もなく殴られ、働く力がなくなるまで働かされ、働けなくなれば殺される。いつガス室に送られるかわからない。
恐ろしく不衛生な環境で、寒さに凍え、ぼろをまとい、ほとんど水に近いうすいスープと小さなパンしか与えられず、それでも人間として生きていこうと考える。もうこれから先の人生に何も期待できない状況で、どうやって生きていけばよいのか? この極限状況での問いへの答えが以下の著者の結論だ。少し長いが引用する。

「ここで必要なのは、生きる意味についての問いを百八十度方向転換することだ。私たちが生きることから何を期待するかではなく、むしろひたすら、生きることが私たちから何を期待しているかが問題なのだ、ということを学び、絶望している人間に伝えねばならない。もういいかげん、生きることの意味を問うことをやめ、私たち自身が問いの前に立っていることを思い知るべきなのだ。生きることは日々、そして時々刻々、問いかけてくる。私たちはその問いに答えを迫られている。考え込んだり言辞を弄することによってではなく、ひとえに行動によって、適切な態度によって、正しい答えは出される。生きるとはつまり、生きることの問いに正しく答える義務、生きることが各人に課す課題を果たす義務、時々刻々の要請を充たす義務を引き受けることに他ならない。この要請と存在することの意味は、人により、また瞬間ごとに変化する。したがって、生きる意味を一般論で語ることはできないし、この意味への問いに一般論で答えることもできない。ここにいう生きることとは決して漠然としたなにかではなく、常に具体的な何かであって、従って生きることが私たちに向けてくる要請も、とことん具体的である。この具体性が、一人一人にたった一度、他に類を見ない人それぞれの運命をもたらすのだ。だれも、そしてどんな運命も比類ない。どんな状況も二度と繰り返されない。そしてそれぞれの状況ごとに、人間は異なる対応を迫られる。具体的な状況は、ある時は運命を自ら進んで切り開くことを求め、ある時は人生を味わいながら真価を発揮する機会を与え、またあるときは淡々と運命に甘んじることを求める。だがすべての状況はたったの一度、二つとない仕方で現象するのであり、そのたびに問いに対するたった一つの、二つとない正しい【答え】だけを受け入れる。そしてその答えは、具体的な状況にすでに用意されているのだ。」

「生きること」が前提なのだ。自分はいつも問いの前面に立たされている。生きるか死ぬかではなく、どのように生きるのか、何を選択するのか、時々刻々と迫られている。通常、人は、その選択を無意識に行っている。無意識とはいえ選択に変わりがない。しかし、意識して選択せねばならない場面が少なからずある。そこでの義務を行動で果たせ、ということだ。著者のような極限状況にいなくとも、このことはいかなる人生においても真理だと直観する。

本書から得られる「ほんとうのこと」はこれだけに限らない。しかし、一読しただけでは消化しきれない。本書を読んだ人たちの感想を「読書メーター」で読むことができる。感銘を受けた個所は人それぞれであるし、簡潔に表現された各人の受け止め方に触れるだけでも気づきが多い。
ほかにも読みたい本がある。しばらくしたら、もう一度戻ってこようと思う。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。