直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

勝川のフレンチ

勝川駅近くにフランス料理店ができたので行ってきた。シュバルブランというお店。ワインの名前からとったのかな。
ランチは3500円、ディナーは6000円と8000円のコースというシンプルなメニューのお店だ。
まずはランチからとは思ったが諸事情によりいきなりディナーに。

まあとにかく美味しかった。シェフは箱根の有名なオーベルジュで経験を積み、最近は名古屋の葵モノリスで料理長をされてたそうで、初めて自分のお店を出されたとのこと。勝川にしては珍しく、建物はなかなか洒落たお城のような外観のビルの一階にある。

どんな料理がどのように美味しかったかはうまく書けないので、興味がある人は是非一度来店されたし。

給仕の人に話を聞いたが、コースの内容は毎日の仕入れで決めていて、何度きても同じ料理は出ないのだそうだ。このお店ののブログを読むと確かに、今日は何が入ったからどうのこうのと書いてあって、これを見て楽しみにして行くのもよさそうだ。

薦められたグラスワインも、たまたま、ノリで開けてしまったと言ってたが、珍しいものを出してもらった。ジュラという黄色い色の白ワインでブランデーのような香りと味がする。僕にとっては初めての味で、決して飲みやすいとは言えないけれど、続けて飲んでいるうちに味に慣れてきた 。それに肉料理ととてもよく合った。
たぶん、これだったと思う。ボトルの形が特徴的なので、これかもしくは同じ系列のものだろう。グラス1400円と少々高かったが、最初のロゼのシャンパンでほろ酔い加減だったので、ついつい乗せられて頼んでしまった。
でも、お陰でさらに気持ちよくなれたし料理とも相性が良かったので正解だった。ちなみに、ジュラといえばジュラシックパークのジュラであり、ジュラ紀のジュラを思い出すが、フランス東部の県名で、スイスとの国境にあるジュラ山脈の地質(石灰岩)がジュラ紀の命名の由来となっているそうだ。

ランチは結構予約いっぱいらしいが、ディナーはこの日僕らだけだった。飾り気のない内装で、BGMも無く、他の客もいないので、とてもゆっくりできた。

最後に出してもらった小菓子がちょっとうれしかった。こんな感じ。
RIMG1368_convert_20130811114756.jpg



勝川に住んで食べ物に関してはなかなかいい環境に恵まれている。洋菓子なら「めるたん」、パンなら「櫻蔵」、イタリアンなら「ダルバッボ」は市外から来てもらっても十分満足してもらえるお店だと思う。これにフレンチも加わったので嬉しい限りだ。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。