直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

久しぶりの散歩


酷暑の夏が過ぎたかと思ったら秋雨と豪雨ですっきりしない天気が続いている。
しばらく外を歩いていないので川沿いの散歩道が恋しくなる。
雨がぱらついてはいたが昼食しがてら二人で散歩にいくことにした。

傘をさしていても歩くのは心地よい。
最近開店した駅前のインドカレーの店で食事をしたあと、川沿いの散歩道に向かった。
途中の公園には季節ごとに花が入れ替わり咲いていて足を止めてみる。

RIMG0193_convert_20130908150108.jpg

よく見かける花だが名前がわからない。
ひとところではなくて、奥までずっと同じ花が続いているので目を奪われる。

川まで歩いて水溜りができた川沿いの歩道を歩く。川の水は少しばかり増水してはいるが濁ってはいない。
土手には黒い4つ羽根のハゴロモトンボが舞っている。

こんな天気のときは一夜にしてキノコがはえるんじゃない?と話をしながら歩いていると、
草むらに立派なキノコがひとつ生えていた。

RIMG0196_convert_20130908151438.jpg

毒々しくない白いきれいなキノコだ。

周りになにか珍しいものや生き物はいないか探して歩いていると、川下の土手に黒猫を発見。
近づいて行くと警戒して逃げてしまった。黒い顔に黄色い眼が光っていた。

散歩はそこで終了して買い物へ。住宅街をつれづれに歩いて野良猫にでも出くわさないかなと期待したが、小雨の降るこんな天気では出会えなかった。それとも、歩いた地域はもともとネコ密度が小さいのかもしれない。

いつも利用しているJRの駅にもどり、駅を越えて自宅への帰り道に、いつもネコがたむろしている場所に立ち寄ってみた。行きは雨が降っていたので一匹もいなかったが、帰りは雨が上がったせいか2匹いた。
1匹は今までみたことがない大きなキジトラくんだった。
ちょっと睨みつけられたが、写真には収まってくれた。

RIMG0198_convert_20130908152344.jpg

うちのキジトラの子猫もいつかこんなふうにふてぶてしい大きさになるのだろうか、と考えながらそこをあとにした。

先週から母親が体調を崩して入院しているので、昨日は見舞いに行った。病院から帰る途中に、行くときに見かけて気になっていた和菓子店に寄ってみた。古い感じのどの町にも一軒はありそうな典型的な和菓子屋さんだ。
保見の「福岡屋」というお店。いくつか買って帰り、カミサンと食べたのだが、意外に美味しかった。大当たりと言ってもいい。あとで調べてみると、一度テレビで紹介されたらしく行列ができる時期があったらしい。昨日は別段混んではいなかったけど。
とにかく、美味しいということはわかったので、今度実家に帰るときはまた寄ってみることにする。

しばらく前にテレビで映画「あなたへ」を放映したのを録画しておいたので、これを観た。
高倉健さん主役の映画だ。富山から長崎へ行く途中の綺麗な風景がたくさん出てきたのがよかった。
もちろん、ストーリーも面白かったのだが(佐藤浩一との絡みがなかなか)。
この映画をみていきたくなった場所がある。竹田城址だ。兵庫県にある。
映画の中で見て、ここは日本なのか?とまず思った。かなりの高台にあるが、山頂のすべてが石垣の城址になっているというアンバランスさに特撮ではないかと一瞬思ったくらいで、結局は、これほど印象深い場所があるのを今まで知らなかったことの迂闊さへの驚きだと気がついた。
この城址のある山は周りに霧が出ることがあるので、雲海に浮かぶ「天空の城」と呼ばれて有名なんだそうだ。
いくつかのドラマや映画のロケに使われたらしいが、「あなたへ」でずいぶんと有名になり、観光客が増えたという。今年の10月から入山料をとることにしたというから、結構な人気ぶりだ。
京都から山陰本線で城之崎に向かう途中で乗り換え、竹田駅で降りる。
城之崎温泉でゆっくりする旅行を計画して途中で竹田城に行くという感じだろうか。

いろんなことが落ち着いたらゆっくり旅行してみたいものだ。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。