直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

猫脱走防止の格子作り

猫と同居するようになってから、玄関の出窓のガラス戸を一度も開けていない。戸の外には何もなく、もし猫がそこからでたら、何メートルも下の道路へ真っ逆さまだからだ。
玄関の出窓と廊下とリビングは一直線で、リビングの窓を開けて、玄関の出窓を開けると、いい風が抜ける。ここに南部鉄器の風鈴がかかっていて、高く澄んだ心地よい音を聞かせてくれる。
とにかく、ここに風を通したいという思いがむくむくと湧いてきたので、出窓のサッシの枠の内側にちょうど収まるような格子戸をつけることにした。
細いヒノキの角材で外枠と格子付きの内枠を作って、蝶番で内枠が手前に開くようにした。
手前に開くことで、出窓を外に開くことができる。開いたら、格子を閉じて簡単なカギをかけて猫が外に出てしまわないようにする。
角材を糸鋸で切って、木ねじでただ組み立てただけだが、なかなか手間がかかった。
DIYなんてあまりやらないものだから、まっすぐに切れないし、木ねじの長さの選定も誤り、締め付けの甘いがたがたの枠になってしまった。
それに、しっかり計画したつもりだったが、抜けが多い。まず、木枠をサッシの内側にどうやって取り付けるかはあまり考えていなかった。両面テープでつければいいか、と思っていた程度だ。
木枠は寸法に余裕を持たずに作ったものだから、最初はサッシの内枠にぎりぎり嵌らなかった。それを少しやすりで削って無理やり押し込んだので、結果的にそのまま何もしなくても固定できた。少し緩み気味の部分を両面テープで補強した程度で、ぴったりと嵌った。
もうひとつ失敗したのは、格子の間隔だ。先日もらってきた子猫の海の頭が通り抜けてしまう。仕方がないので、園芸用の網を結束バンドを使って間隔が広い部分に貼った。

細かいところはへたくそだけれど、とにかく何とか出来上がった。

RIMG1694bbb.jpg

RIMG1695bbb.jpg

風は通るし、風鈴は鳴るし、いい夜だ。



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。