直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

「△※つく」言葉禁止条例

今日の禁止条例のご提案は、いささか個人趣味的な色が濃うございまして、ご賛同いただけるかどうか少々不安ではありますが、好き勝手に書いてみます。

作家の吉田篤弘さんが作品の中で、2語を繰り返す言葉のその2語に「つく」をくっつけて動詞化している言葉をとりあげて、通常は使わない言葉にまで「つく」をつけて言葉遊びをしていました。たとえば、いらいら→いらつく、むかむか→むかつく、などはよく使われますが、はらはら→はらつく、とは言いませんよね。

で、とにかく2語を繰り返す言葉を思いつく限りまずあげてみます。

あおあお あかあか あきあき あげあげ あひあひ あぶあぶ あへあへ あらあら ありあり あるある あれあれ
いえいえ いがいが いくいく いけいけ いじいじ いそいそ いちいち いぼいぼ いやいや いよいよ いらいら いろいろ
うかうか うきうき うじうじ うすうす うずうず うだうだ うとうと うねうね うはうは うほうほ うむうむ うようよ うるうる うろうろ
おいおい おずおず おせおせ おたおた おちおち おどおど おなおな おのおの おめおめ おやおや おらおら おれおれ おろおろ
があがあ がくがく かさかさ がさがさ かたかた かつかつ がばがば がびがび がぼがぼ がみがみ からから がらがら かりかり がりがり かぴかぴ
きいきい ぎいぎい ぎくぎく ぎざぎざ きしきし ぎしぎし ぎすぎす きつきつ きときと ぎとぎと きびきび きらきら ぎらぎら きりきり ぎりぎり きれきれ
くいくい ぐいぐい ぐうぐう くさくさ ぐさぐさ くすくす ぐずぐず ぐねぐね ぐびぐび くよくよ くらくら くりくり ぐりぐり くるくる ぐるぐる
けたけた げたげた けちけち けばけば けほけほ げぽげぽ けらけら げらげら けろけろ げろげろ
ごくごく こそこそ ごしごし ごそごそ ごぼごぼ こまこま こみこみ ごみごみ こらこら こりこり ごりごり これこれ ころころ ごろごろ ごわごわ こぽこぽ
ざあざあ さやさや さらさら ざらざら さわさわ ざわざわ
しくしく じくじく しげしげ しこしこ しずしず しとしと じとじと しばしば じめじめ しれしれ じりじり じろじろ じわじわ
ずいずい すこすこ すごすご ずかずか ずきずき ずこずこ ずぶずぶ ずぼずぼ すやすや すらすら すりすり するする ずらずら ずりずり ずるずる すぱすぱ すぽすぽ ずぽずぽ
せいせい ぜえぜえ せかせか せこせこ
そぼそぼ そもそも そよそよ そろそろ ぞりぞり ぞろぞろ そわそわ ぞわぞわ
たじたじ ただただ たびたび だぶだぶ だぼだぼ たまたま だめだめ たらたら だらだら
ちかちか ちくちく ちびちび ちまちま ちらちら たぷたぷ たぽたぽ
つかつか つやつや つらつら つるつる
てかてか てくてく でかでか でぶでぶ てらてら でれでれ
とくとく とことこ とげとげ どかどか どきどき どくどく どこどこ どさどさ どしどし どすどす とつとつ どたどた とびとび とぼとぼ どはどは どばどば どぼどぼ どやどや どよどよ どれどれ どろどろ
なあなあ なかなか なくなく ながなが なぞなぞ なになに なめなめ
にこにこ にぎにぎ にたにた にまにま にやにや
ぬくぬく ぬけぬけ ぬらぬら
ねばねば
のうのう のしのし のそのそ のたのた のびのび のりのり のろのろ
はきはき はげはげ ばくばく ばこばこ ばたばた ばてばて はふはふ ばぶばぶ はらはら ばらばら ばりばり ぱかぱか ぱくぱく ぱさぱさ ぱちぱち ぱふぱふ ぱらぱら ぱりぱり
ひくひく びくびく ひしひし ひそひそ ひたひた ひだひだ びたびた びちびち ひやひや びよびよ ひらひら ひりひり びらびら びりびり ぴかぴか ぴくぴく ぴこぴこ ぴしぴし ぴたぴた ぴちぴち ぴよぴよ ぴらぴら ぴりぴり
ふうふう ぶうぶう ふかふか ぷかぷか ぷくぷく ぶかぶか ぶくぶく ふさふさ ぷちぷち ふにふに ぷにぷに ふみふみ ふむふむ ぶよぶよ ぷよぷよ ふらふら ふりふり ぶらぶら ぶりぶり ぶるぶる ぷらぷら ぷりぷり ぷるぷる ふわふわ
べこべこ へなへな へらへら へろへろ べらべら べりべり べろべろ ぺらぺら ぺろぺろ
ほいほい ぽいぽい ほかほか ほくほく ぼきぼき ぼけぼけ ぼこぼこ ぽかぽか ぽくぽく ぽこぽこ ぼさぼさ ぼそぼそ ほとほと ほどほど ぼたぼた ぼちぼち ぼつぼつ ぼてぼて ぼとぼと ぽたぽた ぽちぽち ぽつぽつ ぽとぽと ほやほや ぼやぼや ぽよぽよ ほらほら ほろほろ ぼりぼり ぼろぼろ ぽりぽり ぽろぽろ ほわほわ
まあまあ ますます まざまざ まじまじ またまた まちまち まだまだ まるまる
みしみし みすみす みるみる
むかむか むきむき むくむく むしむし むざむざ むずむず むちむち むらむら むれむれ
めきめき めそめそ めらめら めりめり めろめろ
もくもく もぐもぐ もごもご もさもさ もしもし もじもじ もぞもぞ もたもた もちもち もてもて もともと もみもみ もやもや もりもり もろもろ
やあやあ やいやい やすやす やれやれ やわやわ
ゆくゆく ゆさゆさ ゆらゆら ゆるゆる
よいよい よしよし よたよた よちよち よなよな よぼよぼ よれよれ よろよろ
らくらく れろれろ わいわい わくわく わさわさ わざわざ わなわな わやわや わらわら

{嗚呼、疲れた}

さて、いろいろありますが、何かの様子を表す言葉が多いですね。物の質感もあれば、人の感情もあれば、物が動く様子、自然の様子など様々ですね。
このなかで、「△※つく」という言葉になってるのはどれくらいあるでしょうか?

いらつく うろつく おたつく かさつく がさつく ぎくつく ぎらつく ぐずつく ざらつく ざわつく じとつく じめつく そぼつく だぼつく ちらつく たぽつく にたつく にやつく ねばつく のたつく ばくつく ばたつく ばらつく ぱくつく ぱさつく ぱらつく びくつく ぴくつく ふらつく ぶらつく むかつく もたつく よたつく よろつく

少し無理がありそうなものも入れてみましたが、多くはないですね。
どれもあまりいい感じのする言葉ではありません。あまりよくない感じの様子のことをさらに侮蔑の感情をこめて、そうなっている、そうしているという様を描写しているような。(例外もありますが)
「つく」という言葉が、その字のとおり、その状態であることがくっつくことを示しており、その状態に「なる」という動的な意味を付加しているのではないかと分析します。
単にいらいらしているのではなく、さっきまでそうでなかったのに、その態度をとられると「いらつく」ということになります。

当たり障りのない 「ざらつく」「ばらつく」などの感情とは関係のない言葉は残しましょう。
感情に関係した「いらつく」「むかつく」は、あまり好きではありません。なので禁止!
これらの言葉はだいたい今自分がいらついている、むかついている時に自分で言うことが多いと思います。
なぜわざわざその感情を表明しなければならないのでしょうか?周りで聞いてる人はいい気持ちはしないのにです。僕のように他人の顔色を窺っていきているような内向的な人間にとっては、目の前の人が「むかつく」と言っただけで、それが自分のせいではなくても、「私が悪うございました」と思ってしまうのです。それは、前からむかむかしているのではなく、今むかむかしたという表明だからです。
「むかむか」することはきっとあるでしょう。でも、そんなこと言われたって何もしてあげられません。感情は自分でコントロールしてください。人に預けたり、その感情を撒き散らしたりしないでください。

というわけで、「いらつく」「むかつく」の使用禁止条例を発効します。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。