直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無線LANの不具合解消

コミュファ光の無線LANを使い始めて1年以上になるが、1日に数回不定期にインターネット接続が数分途切れる現象が続いていた。少し待てば回復するのでほっておいた。回復することがわかっているので待てば良いわけでことさらストレスをためこむことは無かったが、最近それが頻繁になり、切れている時間も長くなってきたので、コミュファに電話した。
原因は電波の干渉との見立てで、ホームゲートウェイを変えることで対応してもらった。5GHz 帯の電波を用いる最新の次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ac」というやつで、 現状では、この周波数帯なら電波干渉がないということだ。これまでは1GHz帯を使っていて、拾っている電波がなんと13回線もあったそうだ。パソコンの右下にある電波マークをクリックすると、たくさんの無線LANの接続候補名がでてくるが、マンションの他の家のものだったわけだ。いまのところ、それらは1GHzなので、うちが5GHzにすれば、全く干渉しないという。
パソコンがこれに対応しているかどうかが問題だが、2台のうち1台とiPadは対応していたのでよかった。1台の古い方のパソコンは、しかたなく1GHzの電波を利用する。新しいホームゲートウェイは両方の電波を出しているので、こういうことができる。1GHzのほうを使う古いパソコンは今までどおり電波干渉の被害を受ける状況は変わらないが、そっちは自分がたまに使うだけなのでちょっと我慢すればよい。カミさんが使う新しいほうほパソコンは対応できたのでストレスなく使うことができるはずだ。おまけにどうもネットへの繋がりの速度も速くなってるようで今までよりも快適だ。
昨日の午後に対応してもらったので、まだ半日ちょっとだが、今のところ不具合なく動作している。もう1日くらい様子を見て不具合なければ、この対処法でOKだったということになる。

だが、考えてみれば、この対処法は一時的なんじゃないだろうか。他の家も電波干渉しているはずで、同じように5GHzへ変更したら、また同じことになるはず。5GHzなら電波干渉がおきにくいというならよいが。
ま、何年間かは大丈夫だろうから、心配しててもしょうがないさあ(沖縄っぽく言ってみた。)。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。