直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住み良い街 勝川

勝川に住んで20年になる。なぜ勝川に住むことにしたのかはっきりした理由はなかったように思う。住み始めたころはJR中央線の駅はあるけれど地方の寂しい街という印象だった。
けれど今は「住むならここ、勝川!」とお奨めしたくなるような住み良い街に変貌している。
勝川駅前再開発事業も功を奏したのだと思うが、それだけではないようだ。商店街の人達が街を盛り上げようとしているし、新しい洒落たカフェなどが次々にオープンしてちょっと食事やお茶したいときに他の街に行く必要がない。

JR勝川駅は高架化してすっきりし、マックスバリューができて買い物もしやすくなった。駅の向かい側にはもうひとつスーパーマーケットがあるし、少し歩けばフランテもある。コンビニも徒歩圏内に4軒あるし、ドラッグストアもあって食材や日用品の買い物には困らない。銀行や信用金庫も徒歩圏だ。

病院も多い。駅前にクリニックモールがあり、内科、外科、耳鼻科、眼科、歯科、メンタルとひととおりそろっているし、中には日曜営業の医院もある。モール以外にも徒歩圏には婦人科、皮膚科などもあって何も困らない。

ファストフードは若干少ない。マクドナルドや牛丼店などはないが、モスバーガーがある。私はこれで十分。駅から徒歩圏にはカフェ、居酒屋、食事処、レストラン、和菓子、洋菓子、パン屋はひととおりそろっている。
お気に入りなのは、フレンチのシュバルブラン、パン屋はモンシェルと櫻蔵、洋菓子はめるたん、カフェは百時やCafe de la Furuido、居酒屋は魚魚屋、そしてフクフクマロマロのカレーがお奨め。ラーメンや韓国料理、インドカレー、中華料理など他にもいろいろある。残念ながら寿司だけは無い。毎月第3土曜日の弘法市は商店街の道路を埋め尽くすテントで賑わうが、ここに出店しているSunday Coffeeさんの柔らかい深煎り珈琲は絶品だ。深煎り好きは是非試していただきたい。

駅前にも、それから国道19号線近くまでの間にマンションが多い。人が増えている。小中学校もさほど遠くなく、通いやすい。今住んでいるマンションは築20年を超えたが、売ってほしいという不動産屋のチラシは毎日のように郵便受けに入るし、部屋が空けばすぐに新しい住人が入ってくる。平均的な売買価格もここ数年上がってきているらしい。
小学校の目の前にはスイミングスクールがある。その横にはSEIYUがあり、向かい側には上部頸椎カイロプラクティックのオフィスカトウがある。このカイロもお世話になった。肩から腕の痺れが一発で治り、それからも体のメンテのためにたまに施術をしてもらう。身体に痛みがある人には是非お勧めである。対症療法ではないので治ると持続し再発も無い(少なくとも自分はそうだった)。

勝川のある春日井市は名古屋のベッドタウン的な地方都市で、徐々に人口が増えつつあり現在31万人を超えたところ。春日井の人は外食が好きなようだ。国道19号線沿いを始めとしてレストランが多い。そして、土日の夕方はどこもすぐには入れないほど盛況な店が多い。最近は外食をあまりしないが、子供が小さいときは夕方5時にはお店に入らなきゃ待たされるといっていつもあせって出かけていたことを思い出す。今でも通りがかりにお店を見ると入口で並んでいる光景は相も変わらない。だから競争も激しいし、美味しくない店は淘汰され、街全体の外食店の質がどんどん上がっている感じがする。

勝川に戻ろう。ユニークなお店を少し紹介する。カフェ百時は、商店街にあった種苗店が閉店したあと、古民家カフェとして開店した。ほとんど手を入れず、柱も壁も建具も古いままに近い。土間が広くて地元の作家さんによる雑貨が置かれていたり、畳の店内にも趣味の良い可愛い小物が定期的に入れ替わりながら棚を埋めている。ランチとチーズケーキが美味しい。なによりも古民家の雰囲気の中で落ち着く。私はこの古民家の2階で少人数制のヨガ教室に通っている。近代的なスタジオと違ってシンプルで素朴で落ち着いたレッスンができて好きである。
もう一軒はふとんやさん。ふとんのイトウさん。介護用品も扱っているが、メインは寝具。本当に睡眠を大事に考えてよいものだけを揃えている。大手メーカーのスプリングマットは置いていないそうだ。どのような姿勢で寝たら本当に体が楽になるかを実体験させてくれ丁寧に説明してくれる。それほどお安くはないが、人生の1/3は睡眠だと考えると、本当に良いものを揃えるのも良いのではなかろうか。少なくとも、こんな地方の小さな街にしっかりした専門店があるのはありがたい。

ほとんどの用事が近場の徒歩圏内で済む街、商店街が元気な街。しかも一流が揃っている。それが勝川という街。

さ来週には、すぐ近くの地蔵川沿いの桜並木も花を咲かせるだろう。これも楽しみである。この川にはたくさんの鯉がいて、鴨や鷺が来る。亀も冬眠から覚めて出てくるかもしれない。しかも、運が良ければカワセミまで見られる。桜を楽しみ、土手で日向ぼっこをする猫達を眺めながら散歩をする。そういう春の休日を楽しめる街でもある。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。