直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょうちょ

多治見市に引っ越したのですが、買い物はもっぱら可児市内に行きます。
愛知県に住んでいた時には全く関心も無かった可児市ですが、食べ物のグレードの高さにはびっくりしています。野菜や果物は安くて新鮮で美味しく、岐阜県産の肉も質の良いものが手ごろに買えますし、カフェやレストランの食事も質が高くてお値打ちなのです。
いやきっと愛知県でもお店を選べばそういうところはあるのでしょうが、可児市の方が平均的に質が高いと思うのです。まずは越してきてよかったと思っています。
ひとつ前の記事では勝川が善い街であると一所懸命に訴えているのに、変わり身が早いと思われてるかもしれませんが、勝川が善い街であることは変わりませんよ。

そして本題。可児市内のホームセンターの植木売り場にミヤマカラスアゲハ(メス)を見つけました。もちろん、写真を撮って後から名前を調べたわけですが。(たぶん、あってると思います)
山歩きや田舎の観光地に行っても見たことのなかった、とても美しいちょうちょです。山間部の渓流の近くで見かけると言われているのですが、こんな街中にいるのは珍しいのではないかと思って、とても久しぶりにブログを書く気になりました。あわててガラケーのカメラ機能で撮ったので画質はいまいちですが、目の前に止まってずっとじっとしててくれた彼女に感謝です。それにしても見ていた時の感激は忘れられません。
ミヤマカラスアゲハのメス 
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。