直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

花粉症が治ってきた??

もう25年も花粉症に苦しんできました。
でも、今年は非常に症状が軽いので少し驚いています。
もしかして、治ってきた?なんて思うのは甘いかな。
花粉の飛散量が少ないからなのでしょうか、2月終わりごろに病院で目薬と添鼻薬を処方してもらい、少し使いましたが、ここ2週間くらいほとんど使ってません。多少はくしゃみが出たり、目が痒かったりしますが、ほとんど気にならず、鼻はいつも通っています。もし、治ってきたのだとすると、次のどれかか、もしくは、その複合効果なのでしょう。

・週一回のヨガ(2年前から始めた。ようやく体質が改善したきた?)
・朝起きたら水かお湯をコップ一杯のむ(1年前から始めた。花粉症に効くという情報があったから)
・会社の昼ごはんで、ヘルシーメニューを食べる(1年前から心がけている。カロリー控えめで野菜が多い)
・歳をとって、免疫反応が衰えてきた(花粉アレルギーは免疫反応の異常と考えれば)
・クエン酸飲料を飲む(1年前から飲んだり飲まなかったりだが、クエン酸入り沖縄黒酢を飲んでいます)
・無添加せっけんシャンプーを使う(半年くらい前から)
・ごはんをよく噛んで食べる(気持に余裕があるときは、50回以上噛んで食べる)
・ハーブティーを飲む(ときどきです。)
・玄米食(平均して家での食事の半分は玄米)


ちなみに、昔、あるある大辞典という番組を見ていたころは、ヨーグルトを食べていました。今は食べていません。
納豆もよいらしいのですが、これは花粉症のためというより、習慣でずっと食べています。

10年くらい前から4年くらい前まで、耳鼻科で減感作療法を受けていました。杉花粉エキスを薄めて、腕の皮膚の下に注射してました。慣れて来ると、毎月1回のペースになります。注射したところは、赤く腫れます。面白いことに、注射したあとでなくても、急にその場所が腫れて来ることがあります。今でも時々あります。何か体調と関係があるように思うのですが、予測できません。しかし、体は昔花粉エキスを注射して腫れていたことを覚えているんですね。
このことは、今でも自分の体は杉花粉に反応することを示していると思うのですが、マスクしなくても今年はほとんど症状が出ないのが不思議です。

自分では気が付いていない何かの習慣の変化や食事の変化があるのかもしれません。自分の体なのに、自分ではコントロールできないし、それどころか、変化の理由もわかりません。意識というのは万能な感じがして、実は無能なのかな。「自然」として生きているこの「からだ」に乗っかってるだけの、時にはからだを痛めつけることしか考えない厄介な居候に過ぎないのかもね。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。