直仁の「善き人のための」研究室

読書、ペーパークラフト、フィギュアスケート、散策などの雑感

ブルーマンデー

ブルーマンデーという言葉があった気がする
月曜日
会社生活の一週間が始まる
その憂鬱
学校生活かもしれない
その月曜日の朝の憂鬱

ここ数週間 これってブルーマンデーか?
と思うことがある
今日も朝なんとなしに感じた

会社について仕事を始めると忘れる
仕事で時間を埋め始めると
あっという間にお昼の時間
あれもこれもやんなきゃ
今週はあれとこれをするので今日のところはここまでやって
明日はそこまでやってと
何度も確認しながら今の仕事を進める
しばらく席をはずして戻ってみると
新着メールがいくつかきている
午前中に送ったメールの社外からの返信があったりすると
ドキドキする
何か失礼な物言いはしてなかったかと
思いもよらぬ相談メールが大学の先生から来た
顔を思い浮かべながらどんな返事を書こうか考える
仕事、仕事、ドライに流そう
でも先生には誠意を尽くそう
ちょうどいいから明日の朝の打ち合わせ相手に相談しよう
そうしよう
メールをプリントして用意しておこう
やっぱり相談ごとはメール転送じゃなくて
直接頼まなきゃね

そうして一日が暮れる
早や夜の8時をまわる
忙しい会社なら、忙しい部署なら、
これからがかきいれどきってな感じで夜中まで蒼い顔して仕事してる人は
全国に大勢いるだろうけど
僕は夜の8時でも遅いと思って早々に帰り支度する人間だ
いや、8時なんて遅いという人もいるだろう
6時には帰らなきゃ
時間はいくらあってもたりないと昨日かみさんと話したばかり
読みたい本がいくらあっても読み切れない

帰りに電車にのればすぐに本を開く
続き、続き
読む、読む

ところで、本を読みながら他所事を考えると、知らぬ間に4,5行読み進んでしまうが
気がつくと何も頭に入っていなくてもう一度戻って読み返すことがよくある
これの回数の多さがその時の心の余裕のバロメータになることにいつか気が付いていた
今日はまだましな方
そして続き、読む、読む
ああ もう着いた
降りなきゃ
鞄に本をしまって電車を降りて階段をおりて
パンやを覗く
新作パンがあったら買おうかな


おやおやブルーマンデーはどこ行った?
ありゃ、気のせいか、夢か幻か

結局、人と交わってなきゃ生きていけない人間が、月曜日に一週間つきあう仕事の人と交わる最初の瞬間に少し気後れしてるだけのこと

そんなことがこれを書いていて判った気がする
やはり喋るか書くか、何か具体的に表現することで初めて自分の考えがわかり、気がつき、発想が生まれる
そういうことの繰り返しだから、誰が読んでくれなくても、ここに書くことにしたのだ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。